「見ての通りベテランです」 はじめてご挨拶をさせていただく際そう言って名刺をお渡しします。 すると「確かに・・・」「なるほど・・・」「そうね・・・」   是非、いろいろなお話をお聴かせください。  不動産工房うらわ

最新NEWS


2021年12月22日 : 中国料理彩湖
#うらわランチ(中国料理彩湖)



師走(しわす)に入り、
なにやら追い立てられるような
毎日が過ぎていきます。


そんな日は、大切な仲間達と、
一年を振り返りながら
ちょっと特別なランチを。

「来年の事を言うと鬼が笑う」
ということわざがありますが、

鬼が退散して行くほどに、

みんなで大いに笑い、語り、
楽しく「あっ」とう間の
“うらわランチ”でした。


師走とは、
「師」が走りまわるほど忙しくなるから、
“しわす”と言うそうですが、


忙しくて
忙しくて
用事を“しわす”れてしまうから
“しわす(師走)”なのでは、ないでしょか...

 
中国料理「彩湖」のコース料理
【平日限定コース】
・紋甲いか紹興酒漬けの湯引き オリジナル葱ソース
・本日の3種蒸し点心
・薬膳蒸しスープ
・(選べるメイン)
A. 国産鶏とカシューナッツの炒め物
B. 有頭大海老のチリソース
C. 国産牛肉の柔らか煮込み
・黄金チャーハン
・デザート



中国料理 彩湖
さいたま市浦和区仲町2丁目5-1 ロイヤルパインズホテル浦和 18F
浦和駅西口徒歩7分


(第164回) #彩湖
#うらわランチ #中国料理 #中国料理彩湖 #広東料理 #浦和ランチ #浦和不動産 #浦和不動産売却 #不動産相続 #相続対策 #相続診断士 #空家 #空地 #不動産売却 #うらわ不動産 #不動産工房うらわ #相続診断士 #笑顔相続

2021年11月21日 : いそべ


#うらわランチ(いそべ)

「お餅」

味は、甘いの、辛いの、しょっぱいのと、多才

形も、丸、四角、ひし形と、千変万化

色も、白、ピンク、緑色など七変化

季節は、正月餅から春はヨモギ餅など
1年中食べる風習があり、引く手あまた。

その他、様々な祭事の時に大活躍。
1歳の誕生日を祝う「一升餅」
新年の神様である「年神様」の依り代として鏡餅
新築の家を建てる際に行う「餅まき」などなど


ことわざにおいても
絵に描いた餅、棚から牡丹餅、餅は餅屋、
その他、尻餅(しりもち)や、焼餅(ヤキモチ)


例えも豊富なお餅ですが、


子供のころは、餅つきをする正月のときにしか
食べられない特別な食べ物でした。

この日は、NHKの朝ドラ観て、
無性にお餅が食べたくなり
近所の「白壁家」さんへ

 

甘味で人を笑顔にする
「甘味処 白壁家」さん。

つきたての「餅肌」のような
白い壁が目印です。


 

甘味処 白壁家
埼玉県さいたま市浦和区仲町1丁目11-8
JR浦和駅より、徒歩約7分


(第163回) #甘味処 白壁家
#うらわランチ #白壁家 #甘味処 #浦和甘未処 #浦和ランチ #浦和不動産 #浦和不動産売却 #不動産相続 #相続対策 #相続診断士 #空家 #空地 #不動産売却 #うらわ不動産 #不動産工房うらわ #相続診断士 #笑顔相続

2021年11月7日 : ミックスグリル


#うらわランチ(ミックスグリル)

ビーフが、ポークの上に飛び乗り、
ビーフの上にチキンがよじ登った盛付けのミックスグリル。
(グリム童話、ブレーメンの音楽隊を連想します。)



チキン、ポーク、ビーフ
個々でも立派なステーキとして成立しますが
いろいろな食べ方で楽しみます。


①チキン、ポーク、ビーフを小さく切り、
3種類の肉をミックス食べします。
(味の相乗効果は...)


②チキン、ポーク、ビーフを
マスタードソースで食べ比べしてみます。
結果:1位ポーク、2位ピーフ、3位チキン
(独断と偏見によるものです...)


③チキン、ポーク、ビーフ、
フライドポテトとの食べ合わせを比較してみます。
(結果ドロー:すべての肉にベストマッチ)


少年のようなワクワクする気持ちにしてくれる
「洋食屋」のランチメニュー「ミックスグリス」

私にとっては、
「わんぱくモリモリわくわくグリル」です。



洋食屋(ヨウショクヤ)
※土日のランチタイムは行列が絶えないので平日が狙い目です。

さいたま市浦和区仲町2-16-17
JR浦和駅より、徒歩約10分



(第162回) #ミックスグリル
#うらわランチ #洋食屋 #ようしょくや #ヨウショクヤ #浦和ランチ #浦和不動産 #浦和不動産売却 #不動産相続 #相続対策 #相続診断士 #空家 #空地 #不動産売却 #うらわ不動産 #不動産工房うらわ #相続診断士 #笑顔相続

2021年11月2日 : バターごはん


#うらわランチ(バターごはん)

篝(かがり)

銀座が、1号店
浦和は、4号店

ミシュランガイドのビブグルマンに掲載された
鶏白湯のお店です。
(安くてコスパのよいオススメのお店)


高級感ある料理白衣を着こなしたシェフの手で
ポタージュのような濃厚鶏白湯スープSobaが
“シュッ”としたドンブリに入って出てきます。

写真は、サイドメニューの
「鶏チャーシューバターごはん・トリュフ醤油かけ」

訓練された犬や豚がトリュフを探し当てるように
ご飯にさした?油を“クンクン”と...

香りが癖になります。

 

醤油ラーメン 、塩ラーメン 、味噌ラーメン
豚骨ラーメン 、鶏白湯ラーメン、つけ麺 ets

まだまだ足を運びたい店があり楽しみが尽きません。
町中華とはちょっと違う美味しいsoba(ラーメン)篝

次回は、「篝の親子丼」と決めています。


銀座 篝 アトレ浦和店
さいたま市浦和区高砂1-16-12 アトレ浦和 2F
JR浦和駅より、徒歩約2分

浦和駅から93m

夏には冷やしSobaもあります。
「贅沢魚介出汁の特製冷しSoba」





(第161回) #篝
#うらわランチ #鶏白湯 #かがり #トリュフごはん #鶏白湯ラーメン #浦和ランチ #浦和不動産 #浦和不動産売却 #不動産相続 #相続対策 #相続診断士 #空家 #空地 #不動産売却 #うらわ不動産 #不動産工房うらわ #相続診断士 #笑顔相続

2021年9月22日 : サンドイッチ


#うらわランチ(サンドイッチ)

不動産のテナント募集チラシに
「軽飲食」「重飲食」などとう、不動産用語を目にします。

「軽飲食」(けいいんしょく)とは、
サンドイッチ・カフェ・喫茶店など火や煙をほとんど出さない飲食店

「重飲食」(じゅういんしょく)とは、
ラーメン・中華料理、焼肉など煙も匂いも大量に出る飲食店のことです。


浦和の街中で2~3坪ほどの店構えの
サンドイッチ専門店「PANYA-SAN:パン屋さん」は、
テイクアウト専門の小さなお店ですが、
午前中でほぼ「売切れ」となります。


雨の日や、事務作業で一日外出ができない日は、
出勤途中に買ってランチにしています。


『サンドイッチ』は、18世紀後半、
カードゲームが大好きだったイギリスの サンドイッチ伯爵が
「食事をするときもゲームに集中をしながら食べられるものはないものか?」
と考えた結果つくられたようですが、

「PANYA-SAN」のサンドイッチは具が“パンパン”に詰まっているため、
事務作業をしながら片手で食べることは難しく、
2つ食べると“満腹”となり、睡魔が襲ってきます...


 

品揃えが豊富で、ボリュームも満点
そして、お財布にもやさしい「PANYA-SAN」は、
私の中では、軽飲食(けいいんしょく)では無く、

楽しいランチを充たしてくれる、
充飲食(じゅういんしょく)のお店です。



PANYA-SAN
・さいたま市浦和区仲町1丁目3-10 小山店舗ビル 1F
・さいたま市浦和区高砂1丁目6-10


(第160回) #サンドイッチ
#うらわランチ #サンドイッチ専門店 # PANYA-SAN #浦和サンドイッチ #パン屋さん #浦和ランチ #浦和不動産 #浦和不動産売却 #不動産相続 #相続対策 #相続診断士 #空家 #空地 #不動産売却 #うらわ不動産 #不動産工房うらわ #相続診断士 #笑顔相続