「見ての通りベテランです」 はじめてご挨拶をさせていただく際そう言って名刺をお渡しします。 すると「確かに・・・」「なるほど・・・」「そうね・・・」   是非、いろいろなお話をお聴かせください。  不動産工房うらわ


「どうしたら掃除が楽しくなるか考えろ!」
ある日、師匠から言われた若き日の”明石家さんま”さん。
そこで、いろいろ考えた末に...

ガラスを拭く時には「いや~ん。今日は一段と透き通るお肌。惚れちゃうよ~窓かちゃん。」
そして、テレビの時は、「今日も立派にたたずむ姿。男前ですねテレビ王子!」
また、柱を磨く時には「いつも支えてくれてありがとう。柱谷さん!」と、
喋りながら掃除をしていたそうです。

そう喋りながら日々掃除をしていると、

やがて、「掃除が楽しくなることなんて無い!
でも、楽しいことを考えていると楽しい!」と、
気付きが生まれたそうです。

その後も師匠からは、いろいろな事を教えていただいたそうです。

しかし、訳あって、一度落語の世界を投げ出してしまうのですが、
やがて思い直し、頭を下げて戻ってくるときに師匠が言ってくれた

「人間てのは、裸で生まれて来て服一枚着てたら勝ちなんだ。一回オムツでもすれば、人生勝ちだ!」
という言葉。

その言葉を”さんまさん風”に受け止めたのが、「人間、生きてるだけで丸儲け」だそうです。
人を笑わせることが、自分の喜びとされている”さんまさん”だけに、ても深く素敵です。

このお話は、先日テレビで放送された。
さんま師弟物語「さんまが泣いた日」(脚本 又吉直樹)の一場面です。

やがて、師匠のもとを離れて東京で仕事をするようになった時でも、
師匠から、毎週欠かさず、”さんまさん”が出演されてたテレビを見た感想や、
為になるお芝居の情報などを書いてくれた手紙が届いたそうです。

そして、それを今でも全て大切に保管されているそうです。

弟子入りお願いする際、何故俺の弟子になりたいのか聞かれた”さんまさん。”
「あんた、センスありますから」と言ったそうです。

そして、それに対して「それは、どうも」と、ラーメン屋に連れてって弟子にされた
笑福亭松之助師匠との素敵なお話でした。


(第76回) 人間生きてるだけで丸儲け
ブログをご覧くださりありがとうございます。
今年7月にオープンして以来
「いろいろな方とお会いしたい。」
「会社を一人でも多くの方に知っていただきたい。」
そんな思いで、毎日走り回っております。
#不動産工房うらわ#不動産工房浦和#不動産よろず話#相続診断士#うらわでわらう#ベテラン夫婦#50代夫婦#笑顔不動産売却#さんまが泣いた日#師弟物語#生きてるだけで丸儲け#笑福亭松之助#明石家さんま#醤油アート#偶然アート#猫好きな人と繋がりたい#猫好き
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj